運動をするタイミング

気付けばいつの間にか増えていた体重に驚いて早急に運動をしてダイエットに励む人は少なくは無いでしょう。できれば一日でも早くその体重を落としてしまいたいものです。

しかし、その運動のタイミングを間違えてしまえば、ダイエットにもあまり効果が無くなってしまうかもしれません。

と言うのも、その理由は体内のホルモンは体内時計に従って働いているからです。

脂肪を燃焼させたり、ホルモンを放出して筋肉を付けたりするのも身体の時間に合わせなければいけません。

時間を考えて効果的に痩せよう

身体の時間に合わせるという事は、運動をする時間も考えるという事。つまり、より効果的な時間に運動を行えばその効果はかなり高まるという事です。

それではより運動を効果的にする時間帯とはどこに当たるのでしょうか?大体の人は夜に運動する人が多いと思います。

時間的にも余裕がありますし、運動後に入浴をすれば寝付きもよくなりますよね。しかし夜にランニングなどの激しい運動を行うと、運動の時に着いてしまった熱が身体の中に溜まったままになってしまい、あまり良い環境だとは言えません。

運動に適した時間帯

運動をするのに丁度いい身体の時間というのは、早朝や午前中だと言われています。それは、睡眠状態では無くなった身体は起床と共に通常の「起きている状態」に戻すため、身体の中ではさまざまな働きが始まります。

そこでカロリーを消費し、体内の代謝も急上昇するため、これに合わせれば相乗効果で体内エネルギーの消費を行う事が可能です。

また朝の空気は人体には良く、気持ちをリラックスさせながらストレスも軽減できるので、現代に生きている人たちには是非行ってほしい時間帯です。

朝は少しだけ早く起きて、近所を少し散歩する程度でも全然違いますので、朝の空気を深呼吸しながら良い一日のスタートを切りましょう。

参考 医師求人 ドクターサポート